日本の議員が西大門刑務所を「参拝」

日本の議員が西大門刑務所を「参拝」

2004年12月19日18時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の国会議員約10人が19日、ソウルにある西大門(ソデムン)刑務所歴史館を訪問、献花・参拝した。

  西大門刑務所は、日帝が独立闘士たちを投獄・拷問した場所だ。一行は民主党所属議員で、韓日両国の国会議員約90人と各界の専門家からなる「アジア平和連帯」発足式に出席するため、前日に訪韓した。

  アジア平和連帯韓国代表を務める開かれたウリ党(ウリ党)の閔丙斗(ミン・ビョンドゥ)議員は「日本の政治家が個人として西大門刑務所を訪問したことはあるが、集団で公式訪問したのは今回が初めてだ」とし「韓日間の過去の歴史問題を克服することこそ『アジア連合』への第1歩だ」だと話した。

  日本代表の末松義規衆院議員は刑務所施設を見学した後「胸が締め付けられる思いだ」とし「未来指向になるには過去を直視することが大切だ」と強調した。

  日本の議員は19日、子供の手をとって刑務所を観覧しにきた市民に「日本についてどう思うか」と聞くなど、韓国人の日本観に強い関心を示した。 一行は解放60周年に当たる来年は、日本軍慰安婦被害者が生活している「ナヌムの家」や安重根(アン・ジュングン)義士記念館などを訪問する予定だ。また、韓国議員も第2次大戦で原爆を投下された広島を訪問するなど、両国議員双方が積極的に過去の傷を癒していく計画だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事