韓日議員らによる「アジア平和連帯」が発足

韓日議員らによる「アジア平和連帯」が発足

2004年12月12日16時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓日両国議員と各界の専門家など約100人で結成される「アジア平和連帯」が、今月18日にソウル市の白凡(ペクボム)記念館で創立式を行う。

  この集いには、日本側からは末松義規議員をはじめとする71人の民主党議員が、韓国側からは開かれたウリ党(ウリ党)の閔丙斗(ミン・ビョンドゥ)議員、ハンナラ党の高鎮和(コ・ジンファ)議員、民主労働党の盧会燦(ノ・フェチャン)議員ら23人が集まった。

  創立式に出席するため訪韓する8人の日本側議員は、今月19日にソウル市西大門(ソデムン)にある独立公園と安重根(アン・ジュングン)義士記念館を訪問・参拝する予定だ。

  閔議員は「世界とアジアの平和のため、新しい韓日関係のビジョンを模索する」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事