独、韓国人へのビザ発給手続きを簡素化

独、韓国人へのビザ発給手続きを簡素化

2004年12月05日20時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  来年から、韓国人がドイツに3カ月以上滞在する際の手続きが大幅に簡便化される。ドイツ入国後に許可申請することも可能になる。国内で長期ビザを申請した場合、手数料なしで最長2年間有効な複数ビザを取得できる。

  権寧?(クォン・ヨンミン)駐独大使は4日「韓国とドイツは、新しいビザ協定を05年1月1日より施行することで合意した」と明らかにした。現在韓国旅券を所持する人は、ビザなしで90日ドイツに滞在可能だ。

  オットー・シリー独内務大臣(72)は今月10日、ソウルで金昇圭(キム・スンギュ)法務長官と「韓独における入国および滞在に関する覚え書き」と「不法滞在者送還協定」に署名する予定だ。 韓国をビザ取得および滞在許可手続き上、先進国待遇するのは、欧州連合(EU)のうちドイツが最初だ。

  駐独大使館の金英姫(キム・ヨンヒ)公使は「97年にドイツで韓国の運転免許証が使用可能になった後、西ヨーロッパ全域に広がったように、今回の措置がドイツのみならずヨーロッパ全域に波及するものとみられる」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事