韓国人の米移民者数が2000年以降、急増へ

韓国人の米移民者数が2000年以降、急増へ

2004年12月02日10時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国人の米移民者数が2000年以降、急増していることが分かった。

  米ワシントンに所在する非営利団体「移民研究センター(CIS)」が最近発表した報告書によると、2000年以降の4年間で、米国に移民した韓国人は17万2000人(年平均4万3000人)で、1990年代の10年間の移民者数(18万3000人、年平均1万8300人)とほぼ同じだった。

  移民の準備に少なくとも3年がかかるとすれば、97年の通貨危機以降、米国行きを決心した人が急増したことになる。動機は▽幸福の追求方式の多様化▽韓国内政治への不満▽教育への不信と子女教育の負担--などとみられる。移民者の増加速度でも、メキシコ・中国・インドなど米移民者の多数を占める国の場合、90年代と2000年代がほぼ変わらないレベルだが、唯一韓国だけが以前に比べて2倍以上の増加ぶりを見せている。

  一方、今年3月現在、米国内の韓国人移民者(韓国で生まれ、米国へ渡った場合・違法移民含む)は、総76万4000人で、上位グループの第8位に属している。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事