中国は夫婦の生活も契約へ…性関係の回数も規定

中国は夫婦の生活も契約へ…性関係の回数も規定

2004年11月18日17時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国の夫婦も契約の時代に入った。 一部の富裕層の間では、結婚後の家事決定権や性生活の回数までをも規定した契約書を作成している。

  広東省広州で発行される信息時報は18日「出生・結婚・事業・死亡のほか、男女関係に関する契約書を公証役場に持ってくる人が増えた」と報道した。 同紙は、米国で博士学位を取得した30代男性が、最近公証処に提出した6000字からなる結婚契約書を紹介した。

  夫婦間の性生活について、新郎は「少なくとも週2回は夜のお勤めをしなければならない」とし「お勤めは相手を満足させねばならない」と提示した。一方、新婦は「妻の前で愛人や浮気に関する話をしてはならない」と直球勝負。

   契約書はまた、家庭の外で職場の同僚以外の女性に会う時間や身体接触の範囲までをも明示している。

  さらに、ショッピングについて「服の購入は年に2000元(約3万円)を超えてはならず、超過分については『家庭会議』を開かねばならない」という。

  このような契約について公証処は「夫婦の性生活に関する内容をどうやったら公正証書で規定できるのか」と証書の発給を拒んだという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事