「性売買特別法は違憲」…憲法訴訟相次ぐ

「性売買特別法は違憲」…憲法訴訟相次ぐ

2004年11月18日17時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  9月に施行された性売買特別法をめぐる憲法訴訟が相次いで提起されている。

  江原道(カンウォンド)に住むチェさんは最近、「妻が性不感症にかかり性欲を買春で解消してきたが、特別法のため問題が生じた」とし、「特に、特別法は風俗店従事者の生計まで脅かしており不当だ」と、憲法裁に憲法訴訟を提起したという。

  ソウル方背洞(バンベドン)でスポーツマッサージ店を経営するキムさんも、先月26日、「性売買特別法の施行で職業選択の自由など、憲法上の基本権を侵害された」として、憲法訴訟を起こした。

  キムさんは「この法は、多くの男性の基本的欲求を法律で抑圧しており、観光産業の委縮で地方経済に打撃を与える」と主張した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事