韓日が高麗仏画で所有争い

韓日が高麗仏画で所有争い

2004年11月10日20時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「住持の命のようなものです。お願いですから返してもらえるよう協力してください」。

  10日午前、ソウル中央地検刑事4部の高京熙(コ・キョンヒ)検事室。 日本で芸術活動をしている在日同胞のチョン・クァンギュン氏(60)が「高麗(コリョ)仏画の『阿弥陀三尊像』を返してもらえるよう協力してほしい」と何度も頭を下げた。

  この絵は、02年に巫俗関係者のキム氏(55、拘束)らが日本兵庫県の鶴林寺から盗み出し、国内に持ち込んだものだ。 チョン氏はまた、「『この絵が壬辰倭乱(文禄の役)当時に日本が略奪したもの』という報道内容は事実でない」と主張した。 壬辰倭乱の前に朝鮮出身の僧侶が日本に渡り、鶴林寺を建てながら絵も持ち運んだということだ。

  しかし現在では、この絵が国内に残る可能性の方が高い。 検察は、絵の最終購買者が盗難品とは知らずに買ったと判断しているからだ。 民法上の「善意の取得」にあたるということだ。 善意の取得が認められる場合、日本側は韓国の裁判所に返還請求訴訟を起こすことができる。

  また「不法に搬出された文化財は元の所有国に戻すべき」という国連教育科学文化機関(ユネスコ)憲章に基づき、両国協議を通じて返す方法もある。 しかしこの場合にも善意で取得した購買者の同意がなければならない。

  これについてチョン氏は「住持は数百年間保管してきた宝物を徹底管理できなかったという罪責感に苦しんでいる」とし、「返還がだめなら買ってでも取り戻すという立場」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事