「コリア」のブランド価値、下り坂へ

「コリア」のブランド価値、下り坂へ

2004年11月10日18時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「コリア」というブランドの価値が日々落ちている。産業政策研究院が10日伝えたところによると、経済協力開発機構(OECD)の加盟諸国26カ国を含め計36カ国を対象に調べたところ、韓国のブランド価値は今年3737億ドル(約40兆円)で、第12位になった。これは、2002年(16カ国のうち第9位)と昨年(33カ国のうち第10位)に比べて下落したもの。

  産業政策研究院のハ・スンギョン研究員は「ブランド価値の下落は、今年から調査対象に含まれた香港に押されたうえ、02年のサッカー・ワールドカップ大会以降、国家ブランドについての心理的な親近感が減ったため」と説明した。国家のブランド価値は、米国が3兆2188億ドルで、首位を守った。続いて、ドイツと日本がそれぞれ1兆7517億ドル、1兆775億ドルで、2、3位だった。

  国家ブランドとは、ある国家またはその国民について、他国の人々が持っているイメージ。韓国内企業のブランド価値は、三星(サムスン)電子が前年比約3兆ウォン(約3000億円)増の21兆7796億ウォンで、3年連続のトップになった。その次は、SKテレコム(8兆1935億ウォン)、現代(ヒョンデ)自動車(6兆5013億ウォン)、KT(旧韓国通信、5兆4640億ウォン)、LG電子(3兆1845億ウォン)など。

  個人ブランドの部門で、運動選手には、朴賛浩(パク・チャンホ)とパク・セ、リが、俳優には朴辛良(パク・シンヤン)と全智賢(チョン・ジヒョン)が、歌手はピ(Rain)とBoAがトップだった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事