いびきが性機能障害を招来

いびきが性機能障害を招来

2004年10月31日16時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  独dpa通信は先月31日、いびきの症状をそのまま放置すると、性機能障害を引き起こす恐れがあると報道した。

  これは、マンハイム大学医学部のカールル・ホルマン教授が耳鼻咽喉科専門学会で発表した内容を紹介したもので、さらに、いびきは失神や心臓まひの恐れを高めると付け加えた。

  ホルマン教授は「就寝時にいびきを激しくかくと、息を飲み込んでしまって空気が肺に充分にいきわたらないため、最悪な場合、身体の機能に深刻な障害を引き起こす」と説明した。 また「肥満男性がいびきをかく場合、酸素不足により熟睡できず、無気力症や集中力の低下、さらには勃起不全に陥る恐れがある」と指摘した。 さらに「いびきを効果的に治療するには、体重を減らすことが一番であり、その他矯正手術や特殊マスクの着用などがあげられる」と紹介した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事