不法滞在の外国人が反韓活動

不法滞在の外国人が反韓活動

2004年10月04日16時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  タイの反韓団体「アキア」が今年の1月16日に韓国の航空機を爆破すると脅迫するなど、外国のテロ組織や国内の不法滞在外国人がテロの脅迫を加えるケースが増えていることが分かった。

  法務部は3日、国会の法制司法委員会に所属する金在庚(キム・ジェギョン、ハンナラ党)議員に「不法滞在者の反韓活動への総合対策」という報告書を提出した。 報告書によると「アキア」の脅迫の後、1月27日には総理室民政秘書官室宛に「汝矣島(ヨウィド)の都市ガスを爆破する」という脅迫文が届いたという。 脅迫文には「駐韓国延辺方黒龍会」と書かれていた。 このほかにも、不法滞在中の外国人労働者による立てこもり事件で「イラク派兵反対」「政権打倒」といったスローガンも出されたと報告されている。 法務部は、不法滞在者が集団化することにより、このような反政府活動が行われているとみている。

  政府は、このような動きが対韓テロの可能性に結び付くことを懸念している。 特に国内に滞在する約43万7000人の外国人のうち、6万7068人はイスラム圏国家(29カ国)出身者である点に注目している。 このうち米国務省がテロ支援国に指定していた「イラン」「イラク」「シリア」「リビア」「スーダン」出身者も1755人おり、政府は神経をとがらせている。

  法務部関係者は「すべての不法滞在者を犯罪者扱いするなどの人権侵害はあってはならないが、不法滞在者の反韓活動が社会の不安要因にもなり得るだけに、彼らを監視する必要性は高い」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事