韓日海底トンネル? 水面下の超大型プロジェクト

韓日海底トンネル? 水面下の超大型プロジェクト

2004年08月16日19時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  17~18日、ソウル・シェラトンウォーカーヒルホテルでは、一般人なら誰も注目しない専門学術行事が開かれる。 韓国土木学会が主管する「アジア7カ国土木工学大会」だ。

  しかしこの大会にかける日本側の期待は非常に大きい。500余人の土木学者、技術者で構成される日本の非営利機構(NPO)「日韓トンネル研究会」に所属した、数十人の会員が訪韓する。 彼らは会場に別途のブースまで設置、数年間にわたり準備してきた資料を韓国語版に作成し、韓国側の出席者およそ400人に配る計画だ。

  テーマは「韓日海底トンネル」。 釜山(プサン)または巨済島(コジェド)から日本の対馬を通って九州の唐津に続く200~230キロの海底トンネルを掘り、韓国と日本をつなぐ線路(または道路)を建設しようという構想だ。

  日本の学者らは1980年代、すでに地形・地質調査まで実施し、3つの暫定路線案までまとめている。このトンネルさえ建設されれば、ヨーロッパまでの陸上交通が可能になるだけに、日本側は積極的だ。

  このトンネルの長さは、英国~フランス間のドーバー海峡を横切るユーロトンネル(約50キロ)の4倍で、建設費は62兆~104兆ウォン(およそ6兆~10兆円)と推算されている。 首都移転費用(45兆ウォン)を大きく上回る超大型プロジェクトだが、韓国ではまだ馴染みが薄い。

  過去、盧泰愚(ノ・テウ)、金大中(キム・デジュン)元大統領がこのトンネル建設の必要性に言及したほか、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領も就任直後の昨年2月に「トンネルを作れば韓日両国がいっそう近づく」という友好的な発言をしている。

  しかしこうした発言はすべて、韓日首脳会談など日本人と会った席で出てきた。 多分に外交的と取れる発言で、実際に力を注ぐ政策として推進されたことはない。 必要性の主張と同じぐらい、反対の世論も大きいからだ。

  海底トンネルの話が出てくる度に「日本だけに有利」という指摘が相次ぎ、莫大な建設費問題が強調されてきた。こうした中、昨年、交通開発研究院、鉄道技術研究院が「妥当性はない」という報告書を出し、完全に水面下に沈んだ。

  しかし最近になって韓国でも、一部の学者らの間で「真剣に議論するとき」という意見が出始めている。崇実(スンシル)大の申章?(シン・ジャンチョル)教授は「先月開かれた韓日産業貿易会議で、海底トンネルを韓日自由貿易協定(FTA)議題として扱おうと提案した」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事