<五輪>サッカーギリシャ戦での花交換、うっかりミス

<五輪>サッカーギリシャ戦での花交換、うっかりミス

2004年08月13日17時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アテネ五輪の開幕試合となった男子サッカー、韓国-ギリシャでの花の交換イベントは成功しなかった。 試合前に平和のメッセージを添えた花を交換すると言い出しておいて、韓国が自分で約束を破ってしまった。

  12日早朝(日本時間)のテッサロニキ競技場。 グラウンド中央に立ったギリシャのキャプテンの手には、心を込めて準備した花束があった。 ところが、韓国代表のキャプテン、パク・ヨンホは花を持っていなかった。 花でなく、国際試合で儀礼的に交換するペナントを手にしていた。 その後、バツが悪そうにギリシャ代表の花束と交換した。

  この状況のいきさつは単純だ。試合開始の4時間前、駐ギリシャ韓国大使館員が用意して渡した花束を、韓国代表の主務がハイヤットホテルに忘れてきたのだ。 韓国の用意した花束は、国花のムクゲとオリーブでアレンジしたものだった。 「今回が初戦だったので、あれこれ準備しているうちに、うっかり忘れてしまった」という。 韓国の提案を受けてギリシャは花を準備してきたのに、花を贈ると提案した側が何も持たずに現れたかたちになってしまった。 約束を破っただけでなく、ギリシャの笑いものとなった。 韓国代表のギリシャ代表に対する無礼は甚だしい。 そして、韓国人の成熟さと立派さを全世界にアピールする機会も逃してしまった。 韓国大使館は「本当に残念だ」と語った。

  これに対するギリシャ代表の反応は、すぐには知らされなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事