青瓦台「朝鮮・東亜の報道に4大矛盾」

青瓦台「朝鮮・東亜の報道に4大矛盾」

2004年07月09日20時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  青瓦台(チョンワデ、大統領府)は9日「朝鮮(チョソン)日報・東亜(トンア)日報は、呪いの巫祭(巫女が行う祭祀のこと)を即時中止せよ」と題付けた資料を通じて、新しい首都移転をめぐった両紙の報道に4大矛盾がある、との見方を示した。この資料は、広報首席室が毎日発刊している「青瓦台ブリーフィング」であり、楊正哲(ヤン・ジョンチョル)国内言論秘書官の名義で作成されたもの。

  盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が前日「ソウルの真ん中、政府総合庁舎の前に、巨大なビルディングを持っている新聞社が反対世論を作っている」と指摘したのに続いて、青瓦台が実名で両紙を取りあげたのだ。この資料は「最初から、特定の方向に結論を下していて、一貫性やバランス感覚を失った特定の媒体とは、朝鮮日報と東亜日報のこと」とし「両紙の最近の新行政首都と関連した報道内容は、価値の中立性を完全に喪失している」と強調した。

  青瓦台は、両紙の記事を分析したところ、否定的・批判的な内容が価値中立的な内容の4倍だったと指摘した。与党「開かれたウリ党」(ウリ党=「わが党」との意)も加勢した。同党の金賢美(キム・ヒョンミ)スポークスマンは9日「韓国政治の地形は『ハンナラ党対ウリ党』ではなく『一部新聞対ウリ党』」とし「ハンナラ党は、一部新聞の思考と主張を実践する『胴体』であり、『脳髄』ではない」と話した。

  同党のキム・カプス副スポークスマンも、論評で「総選挙の後、さ迷っている野党ハンナラ党に『行政首都移転の反対』という武器を与えたのが朝鮮日報」とし「大統領弾劾が受け入れられなかった後、朝鮮日報に報道された行政首都移転関連の記事と社説は、およそ218件にのぼるが、そのほとんどが反対の世論を作るためのものだった」と指摘した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事