「生ゴミ餃子」大手企業にも納品、波紋広がる

「生ゴミ餃子」大手企業にも納品、波紋広がる

2004年06月09日19時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  生ゴミとして廃棄すべきもので作られたギョウザが、一部大手企業に納品されていたことが確認され、各該当企業が釈明に出るなど波紋がさらに広がっている。

  消費者の間に不安感が高まり、一部ディスカウント店とデパートは、ギョウザ製品の販売を暫定中止した。食品医薬品安全庁と業界が9日伝えたところによると、廃棄すべき生ゴミで作られたギョウザが、OEM(取引先の会社の商標で販売される製品の受注生産)方式で、一部大手企業にも納品されたことが確認された。

  CJは「子会社のモーニングウェルに、99年8月から12月まで、W食品の塩蔵ダイコンを使った一部製品が納品されていた」とし「しかし、2000年1月から品質改善のため、塩蔵ダイコンを入れずに作った製品だけを供給してもらった」と釈明した。同社は、また「現在、塩蔵ダイコンを使用しているのは、水ギョウザ、1品目のみ」とし「02年2月からW食品の塩蔵ダイコンを使ったが、品質に問題があり、5月から他社に供給先を変えた」と説明した。

  会社側は続いて「現在、販売している製品の品質には全く問題がない」とし「今後、完ぺきな品質管理のため、自主的な生産を拡大する方針」だと強調した。食品業界は、当初、今回の事件とは関係ないものとされていた大手企業の製品まで安全性が指摘されており、被害が業界全体に広がるのを懸念している。

  同事件で、波紋が広がっているのを受けて、新世界(シンセゲ)百貨店、ディスカウント店「Eマート」、ロッテマートなどは、9日、全国の売り場でギョウザ製品全量を回収させた。Eマートでは、同事件以降、ギョウザの販売高が普段の10分の1に落ち込んだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事