「大盗」趙世衡氏、日本で刑期終え帰国

「大盗」趙世衡氏、日本で刑期終え帰国

2004年05月20日17時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「大盗」趙世衡(チョ・セヒョン、66)氏が、日本での収監生活を終えて3月に帰国していたことが最近、明らかになった。

  警察庁によると、趙氏は3月18日、3年4カ月の刑期を終えて出所し、3月23日に入国したという。 趙氏は現在、ソウルの自宅で妻(45)と息子(5)と一緒に暮らしている。趙氏のある知人は「長い間の収監生活にもかかわらず健康そうだった。外部との接触を控えている」と近況を伝えた。

  趙氏は00年11月、日本最高級住宅街である東京都渋谷区松涛の住宅4カ所に侵入、腕時計やラジオ、洋服などを盗み、現場で日本の警察に捕まった。逮捕当時、趙氏は警察官に刀を振り回しながら抵抗、銃で撃たれ右肩に全治3カ月のけがを負った。彼は01年12月、住居侵入・公務執行妨害などの容疑で懲役3年6カ月の宣告を受けたが、減刑で予定より2カ月早く出所した。

  趙氏は1980年代、高級住宅地を選んでダイアモンドなど高価な貴金属を盗み、「大盗」と呼ばれた。 16年間の収監生活を終え、98年11月から国内で犯罪予防と信仰活動に専念していたが、突然、日本で検挙され、話題となった。 趙氏は当時「日本の服役者に布教するため犯行に及んだ」と主張した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事