与党「親日反民族法案」の改正進める

与党「親日反民族法案」の改正進める

2004年04月19日19時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  第16代国会で「親日反民族法案」の発議を主導した与党「開かれたウリ党」(ウリ党=「わが党」との意)・金希宣(キム・ヒソン)議員が、同法案の改正を進める考えを示した。

  金議員側は19日「第16代国会で可決された法案は、親日行為の範囲を縮小しすぎた」とし「第17代国会の開院と同時に▽創氏改名(韓国人固有の名字を禁じ、日本式の名前に強制したこと)を勧めた人▽日本植民支配時代に憲兵下士官として勤務した人▽高等係刑事の経歴者--などを親日行為を行った人の範囲に含ませる考え」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事