自転車に乗って全国一周し強盗行為

自転車に乗って全国一周し強盗行為

2004年03月04日19時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「自転車に乗っていると、誰にも疑われませんでした」。自転車に乗って全国を回りながら、殺人だけでなく、約40回にわたる強盗・婦女暴行・窃盗行為を行った容疑者が、警察に捕まった。

  前科5犯の李(イ、32)某容疑者の「犯罪全国一周」がスタートしたのは、昨年6月15日。出所以降、行く所もなくあちこちを転転としていた李容疑者は、酒に酔ったまま、京畿道高陽市(キョンギド・コヤンシ)にある山で、薬水の出る所付近を歩いていたところ、小学校教師の李某(51、女)氏と喧嘩するようになった。李容疑者は、教師の首をしめて殺し、付近に埋めてしまった。

  その後、論山(ノンサン)に移動した李容疑者は盗んだ自転車に乗って、清州(チョンジュ)~公州(コンジュ)~天安(チョンアン)~松炭(ソンタン)~平沢(ピョンテック)~烏山(オサン)~果川(クァチョン)~ソウルを経由し、ヴィラ(高級団体住宅)にひとりで住んでいる女性、昼間、女性ひとりでいる農家などを対象に、およそ40回にわたって、強盗・強かん・窃盗行為を行った。

  昨年12月、忠清南道(チュンチョンナムド)天安での強盗・強かん事件で、CCTV(閉回路テレビ)に撮られ、その写真を掲載した指名手配のビラも配られたが効果がなかった。李容疑者は自転車に乗って移動しながら、その地域の住民に見せかけていたため、検問を容易に避けることができたという。

  しかし、今月3日、ソウル牛眠洞(ウミョンドン)のあるヴィラで窃盗行為を行ったことが発覚し「自転車に乗っての犯罪行為」は幕を下ろした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事