金大中氏の息子・金弘一議員が民主党に復帰

金大中氏の息子・金弘一議員が民主党に復帰

2004年02月01日20時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金弘一(キム・ホンイル)議員が1日、新千年民主党(民主党)に復帰した。1月20日に離党を宣言してから12日ぶり。

  金議員はこの日、声明書で「民主党が創設以来、最大の危機を迎えている」とし「危機に直面した民主党のために力になりたい」と主張した。また「当初、離党を決心した際、民主党と開かれたウリ党が最終的には統合へ向かうべきだと考えた」とし「しかし最近の状況を見て、小さな力ではあるが、まず民主党を支えるのが道理だと判断した」と明らかにした。金議員はこれに先立って1月31日午後、東橋洞(トンギョドン)の金大中(キム・デジュン)前大統領を訪ね、このように伝えたという。

  民主党の指導部は直ちに「金大中前大統領がいまでも民主党を支持しているということだ」と述べた。

  一方、東橋洞側は「政治的中立」を強調しながら、拡大解釈を警戒した。金大中元大統領側の金漢正(キム・ハンジョン)秘書官は「金議員の離党も復党も、すべて金議員個人の意思」とし「金前大統領は全く関与していない」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事