最古の太極旗を発見

最古の太極旗を発見

2004年01月27日16時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  これまで最初のものとされていた「朴泳孝(パク・ヨンヒョ、朝鮮末期の政治家)の太極旗(テグッキ、注:韓国の国旗)」より少なくとも2カ月ほど先立って作られたものとみられる太極旗(写真)が見つかった。

  26日確認されたところによると、1882年7月、米海軍省・航海局が発刊した『海上諸国の旗(Flags of Maritime Nation)』というタイトルの本に、太極の紋様と4の卦など現在の太極旗の形を備えた太極旗が掲載されていることが分かった。

  同書は、古本屋「アートバンク」のユン・ヒョンウォン代表が最近入手したもので、序文には「1882年7月19日の上院で、3000部を制作し各省庁に分配することで決議した」との内容が盛られている。

  序文が事実として確認されれば、1882年8~9月、日本に特命全権大臣兼修信使(朝鮮末期、日本に派遣した使臣のこと)として派遣された朴泳孝が、初めて太極旗を作って使用した、という通説が覆される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事