438時間連続でリネージュに熱中…ゲーム料金・食費払えず立件

438時間連続でリネージュに熱中…ゲーム料金・食費払えず立件

2003年12月19日20時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  00年2月にソウルS情報高校を卒業し、翌年、軍に入隊したチン氏(22)。 彼は高校時代からオンラインゲームに没頭していた「ゲーム中毒者」だった。 先月23日、チン氏は除隊するやいなや、家の近くにあるインターネットカフェを訪れた。 先月29日午後11時50分から始めた「リネージュ2」ゲームは、チン氏にとって「現実世界」だった。

  それから20日。店側の通報で警察が出動した18日午前11時19分まで、チン氏はリネージュの世界から抜け出すことができなかった。 PCに記録された連続接続時間はなんと438時間38分。

  その間、一度もインターネットカフェを出なかった。空腹を感じるとカップラーメンなどを食べた。 睡眠はコンピューターの前で少し眠る程度だった。トイレにもあまり行かず、もちろんシャワーはしなかった。チン氏を調べた担当刑事は「チン氏の体から異臭がして調査がやりにくかった」と語った。

  こうしたチン氏に耐えられなくなった店側は、20日分のゲーム料金と食費の45万2500ウォン(約4万5000円)を支払うよう要求したが、陳氏がこれを拒否したため、結局、警察に通報することになった。

  チン氏は警察で「インターネットゲームをしたくてたまらなかった。ただゲームさえできればよかった」と語った。ソウル江西警察署は詐欺容疑でチン氏を非拘束立件した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事