300ヤードのティーショットに歓呼し死亡、ベトナムで韓国人

300ヤードのティーショットに歓呼し死亡、ベトナムで韓国人

2003年12月08日20時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ベトナムでゴルフ中だったある韓国人が心臓まひで亡くなったことが一歩遅れて分かった。ホーチミン総領事館が8日伝えたところによると、外資系カミソリ専門メーカーであるG社幹部の尹某(ユン、42)氏は先月29日午後、ホーチミン市郊外にあるトゥダックゴルフ場で、一緒に出張中だった会社の同僚3人とともにゴルフをする途中、突然倒れた。

  事故を目撃したベトナム在住韓国人らによると、尹氏はこの日17ホールで、約300ヤードほどのドライバーティーショットに成功した後、しばらくの間歓呼していたが、そのまま倒れた。尹氏は、ゴルフ場の医務室で応急手当てを受けた後、即時病院に運ばれたが、1時間後に心臓マヒで亡くなった。

  現場にいた人は「同氏が長打に喜んだあまり興奮しすぎて、心臓マヒを起こし死亡したかもしれない」と話した。一方、現地のある医師は「尹氏が突然、変わった気候のなかで無理な運動をしていたうえ、興奮していたため心臓まひを起こし、死亡した可能性が高い」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事