[大リーグ]金炳賢選手、写真記者暴行で物議

[大リーグ]金炳賢選手、写真記者暴行で物議

2003年11月09日18時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  先月末、帰国し韓国内で訓練中の金炳賢(キム・ビョンヒョン、24、米ボストン・レッドソックス)が、スポーツ新聞「グッドデー」の写真記者を暴行し、物議をかもしている。

  グッドデー紙によると、金炳賢は8日午後8時ごろ、ソウル江南区駅三洞(カンナムグ・ヨクサムドン)のSフィットネスクラブから運動を終えて出てくる途中、外で待っていた同紙記者のイ・ゴンさんが写真を撮ると「撮るな」と怒鳴った後、カメラフラッシュを奪い取った。

  この過程で「肉弾戦」となり、イ・ゴンさんが倒れたが、金炳賢は1000万ウォン(約100万円)相当のカメラを奪い、投げ捨てて、カメラを破損させた。イ・ゴンさんは、ろっ骨に全治3週間のけがを負い、入院、治療中だ。

  一方、韓国写真記者協会(会長・彊頭某)は9日、声明を出して、金炳賢に▽正式な謝罪表明▽再発防止の約束▽治療費と破損された装備の補償--などを求めた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事