ブッシュ大統領「娘の卒業式に行きたい」NATO会談変更を要請

ブッシュ大統領「娘の卒業式に行きたい」NATO会談変更を要請

2003年10月29日18時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ARDテレビなどドイツのマスコミが28日報じたところによると、ブッシュ米大統領は、双子姉妹の大学卒業を祝うため、来年のNATO(北大西洋条約機構)首脳会談日程の変更を要請した。ARDテレビは、NATO内部の消息筋が伝えたものとして「首脳会談期間である5月20から21日までが、ちょうどブッシュ大統領の双子姉妹、バーバラ(エール大)とジェナー(テキサス州立大)が卒業する時」と指摘した。

  同テレビは、ブッシュ大統領が、NATO会談日程の変更を要請した理由について「誇らしい父として、当然娘達を祝う時間を持ちたかったため」と説明した。しかし「すでに、客室と食事などが予約済みで、参加諸国首脳らのスケジュールも厳しく、再調整が容易ではない状況」と、同テレビは付け加えた。

  インターネット新聞のネットチャイトゥンは「NATOが、米国の要請で、首脳会談を来年6月29~30日へと、1カ月以上延期する案を検討中だが、そうする場合、今後、NATOの行事日程が狂うのを懸念している」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事