「卵は女性らの健康に良くない」滋賀医科大の調査

「卵は女性らの健康に良くない」滋賀医科大の調査

2003年09月09日17時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  毎日2個以上の卵を食べる女性は、1個以下を食べる女性に比べて、死亡率が2倍になるという、研究結果が発表された。女性の場合、1週間に1~2個の卵を食べるのが健康維持にとって最も有益だという。しかし、男性では、卵の摂取量と死亡率に関係がない。

  毎日新聞は9日、滋賀医科大の研究グループが30歳以上の男女約1万人を対象に1980年から14年間、卵の摂取量とコレステロール値、総死亡率、心筋梗塞による死亡率などを追跡調査したところ、こうしたことが分かったと、報じた。

  1000人当たりの年間死者数で比較した結果、1週間に卵1~2個を食べた女性の死亡は7.5人、1日1個は8人だったが、1日2個以上を食べた女性の死亡は14.8人と多かった。心筋こうそくによる女性の死亡は、1日1個以下の0.4~0.5人に対し、2個以上は1.1人になった。

  研究グループは「女性の場合、卵の摂取量が多いほど、血中のコレステロール値も高まり、心臓疾患を誘発する」と指摘している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事