金浦-羽田間、年末にもシャトル便が就航

金浦-羽田間、年末にもシャトル便が就航

2003年08月13日18時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  6月の韓日首脳会談で合意した金浦(キンポ)-羽田間のシャトル便運航が、早ければ年末にも実現する見通しだ。

  外交通商部の当局者は13日「首脳会談以降、日本側と協議してきたが、最近、年末に運航を開始することで大筋合意した」とし「しかし金浦空港に出入国事務所を設置するなど、国際線転換作業に時間がかかるため、開設時期を確定するのは難しい」と語った。

  また「韓国側は一日最高往復4便を考慮しているが、日本側は空港の収容余力上2便を主張しており、これを調整している」と明らかにした。

  金浦-羽田間の航空便が開設されれば、現在、仁川(インチョン)-成田便に比べて所要時間が1~2時間短縮されるため、韓日交流拡大への寄与が期待されている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事