ゲーム・ポータル企業、日本進出ねらう

ゲーム・ポータル企業、日本進出ねらう

2003年07月31日19時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  オンラインゲームなど国内インターネット企業が相次いで日本進出をねらっている。 日本国内で超高速インターネット網の普及が急速に進み、IT(情報技術)景気回復への期待感が膨らんでいるためだ。

  日本に進出する企業はハンビットソフト、エクトズソフト、グラビティなど韓国を代表するオンラインゲーム企業。アバター、セキュリティー、ポータルサイト企業も日本市場の開拓に乗り出した。

  オンラインゲーム企業の日本進出はほとんど、ソフトバンクの孫正義(ソン・ジョンウィ)社長とその弟、孫泰蔵(ソン・テジャン)氏を通じて行われている。

  孫泰蔵氏が運営するガンホー・オンライン・エンターテインメントは最近、ハンビットソフト、エクトズソフト、グラビティなどとオンラインゲームの日本進出、ゲームポータル構築に関する契約を結んだ。ガンホーは現在、日本オンラインゲーム市場で首位を走るグラビティのラグナロクをサービスしている会社。

  孫兄弟は最近42のゲーム企業関係者を日本に招待して現地説明会を開くなど、国内業者攻略に情熱を注いでおり、今後も日本進出企業は増えると見られる。

  孫社長とともに日本国内の超高速網事業で競合するNTTも、国内業者の招待に出ている。

  日本投資家らの韓国ゲーム産業に対する関心も高まっている。

  日本の大和証券関係者らは29日、ソウルで国内ゲーム業者関係者およそ100人を対象に日本資本誘致および日本進出説明会を開いた。今年の下半期には日本で説明会を行う予定だ。

  ゲームだけでなくアバター、セキュリティー、、ポータルサイト市場にも韓国企業が続々と進出している。 ポゼン、オンネット、ソルピなど韓国企業で構成されたコンソーシアムは、東京テレコムが運営する日本最大コミュニティポータル「カフェスター」リニューアル作業に参加し、30日にオープンした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事