<インタビュー>孫正義ソフトバンク社長「日本で韓国オンラインゲームブーム」

<インタビュー>孫正義ソフトバンク社長「日本で韓国オンラインゲームブーム」

2003年07月03日16時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「超高速通信網を基盤とする韓国のオンラインゲームは世界最高の競争力を持っています。今後はこの製品の海外進出を積極的に支援していく考えです」--。

  ソフトバンクの孫正義(ソン・ジョンウィ)社長(46)がおよそ2年ぶりに国内メディアとインタビューし、自信を表した。彼は2日、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と情報通信部長官、文化部次官と面談した後、講演会にも参加した。

  「ドットコム崩壊」で一時気落ちした彼に再び自信を与えたのは、基盤となる超高速通信網事業の高速成長と、そのコンテンツとなる韓国のオンラインゲームだった。 彼はこの日のインタビューで終始、オンラインゲームの優秀性と可能性について語った。

  「現在、日本国内のメジャーオンラインゲーム30種のうち、20種が韓国で開発されたものです。このうち1、2位を韓国製品が占めています」。

  孫社長は「日本の若者が韓国ゲームフェスティバルを開き、ハングルのオンラインゲームが翻訳されるのを待ち切れず、日韓辞典を手に持ってゲームを楽しんでいるほどです」と伝えた。

  日本のゲーム市場は、プレーステーションなどコンソールゲームが90%以上を占めている。 孫社長は超高速通信網の普及がこれを変えるはずで、その過程で韓国のオンラインゲームが大きな役割を果たすものと確信している。 現在、日本の超高速通信網加入者は1100万世帯。 普及率では22%程度になる。 最近は月間100万世帯が新規加入するほど急速に成長している。 ソフトバンクは日本の超高速通信網市場でNTTに次ぐシェア2位で、ゲーム市場でも両者は激しく競合している。 ソフトバンクは巨額の赤字を覚悟し、子会社ヤフージャパンの株式を一部売却してまでも、超高速通信網に投資している。

  孫社長は「インターネット導入草創期にも、リスクを抱えながら投資して成功を収めた。一度は没落はあったが、新しく超高速通信網の時代が開かれた。我々は再びリスクを犯してでも前進していく」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事