「金正日の高所恐怖症、原因はヘリコプター墜落事故」

「金正日の高所恐怖症、原因はヘリコプター墜落事故」

2003年06月17日16時34分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長が飛行機に乗らない理由は、1976年に起きたヘリコプター墜落事故のためだと、日本の週刊誌『週刊現代』がインゴルフ・キソ元北朝鮮駐在スウェーデン大使の話として16日、報道した。

  キソ元大使はストックホルムで行った週刊現代とのインタビューで「金正日委員長には近い距離で数回会ったが、額の上に傷があった」とし「これは76年末に起きたヘリコプター墜落事件での傷あとだ」と語った。

  キソ元大使はまた、金正日委員長が77年から1年間、公式席上に姿を現さなかったのは「アルコール中毒」のためだと話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事