<サッカー>韓日戦、知日派選手の活躍に期待

<サッカー>韓日戦、知日派選手の活躍に期待

2003年04月15日17時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サッカー韓日戦が16日午後7時、ソウルワールドカップ(W杯)競技場で行われる。2000年12月20日に東京で対戦(1-1引き分け)して以来、2年4カ月ぶりの韓日戦となる。

  韓日戦の観戦ポイントを探ってみよう。

  ◇知日派の活躍

  日本が最も警戒する選手は安貞桓(アン・ジョンファン、清水)だ。東京で行われた前回の韓日戦で痛烈な先制ゴールを決めた安貞桓は、日本選手の特徴をよく把握している。日本のジーコ監督は、DF森岡に安のマークを命じた。 小笠原阻止の特命は守備型MF柳想鉄(ユ・サンチョル)に下された。

  ◇外国人監督の自尊心対決

  韓国代表のウンベルト・コエリョ監督と日本代表のジーコ監督は、就任(コエリョ03年1月、ジーコ02年7月)以来、まだ1勝もしていない。現在の成績はコエリョ監督が1引き分け、ジーコ監督2引き分け1敗だ。ともに初勝利に向けて意気込んでいる。

  ◇3バックから4バックへ

  ワールドカップ(W杯)で韓日両国は3バックを起用した。結果は大成功だった。しかし今回は両監督ともに4バックを選んだ。容易でない変化にどちらが先に適応できるかが注目される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事