「通信傍受資料流出」国情院職員ら3人を逮捕

「通信傍受資料流出」国情院職員ら3人を逮捕

2003年03月18日20時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国家情報院(国情院)の通信傍受に関する疑惑を捜査中のソウル地検公安2部(部長検事;黄教安)は18日、国情院課長の沈(シム、3級)某氏と、一般人朴(パク)、池(チ)某氏ら3人を緊急逮捕し、国情院の通信傍受の有無や、事件との関連性について集中的に捜査した。

  検察は前日、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が「盗聴疑惑の迅速捜査」を指示したことにより、同日未明、国情院内部監察資料を流した容疑で沈氏らを緊急逮捕し、彼らの自宅や事務室の押収捜索を行った。

  調べによると、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)関連の業務に携わる沈氏は、ハンナラ党の鄭亨根(チョン・ヒョングン)議員が国情院の通信傍受疑惑を暴露して以来、国情院が昨年12月に自ら監察し作成した「盗・監聴関連監察資料」を、朴氏などを通じ、ハンナラ党関係者に渡した容疑。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事