<囲碁>韓国団体戦、連続10回の優勝

<囲碁>韓国団体戦、連続10回の優勝

2003年01月23日19時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  李昌鎬(イ・チャンホ)9段は、やはり天下無敵だった。

  韓国囲碁は李昌鎬9段の完璧な締めで、団体戦連続10回の優勝とともに国際大会連続19回の優勝という大記録を達成した。

  李9段は23日、上海紅橋ホテルで行われた韓日中国家対抗戦・第4回農心(ノンシム)辛ラーメン杯世界囲碁最強戦最後の対局で中国の羅洗河9段を中押し勝ちで破り、韓国を優勝に導いた。

  李9段は前日、この大会で破竹の5連勝をおさめた中国の新鋭、胡耀宇7段を破ったのに続き羅9段も跳ね除け、ただの1勝も許さない「鉄の守門将」の役割を果たした。李9段はこれまで韓国代表チームの大将として出場、優勝杯を争う最後の対局では1度も破れたことがない。  

  各国5人が出場して連勝戦方式で競うこの農心杯で、日本チームはランキング1-5位の最強メンバーを構成して出場したが、最初に脱落した。

  李9段ら韓国代表チームには、1億5000万ウォン(約1590万円)の賞金と対局料、連勝ボーナスが贈られる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事