メキシコ捜査当局、韓国同胞33人拘束

メキシコ捜査当局、韓国同胞33人拘束

2002年12月09日20時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  密輸と商標盗用の取り締まりに乗り出したメキシコ捜査当局が、韓国人を大量に拘束したため、韓国人を狙った「標的捜査」ではないかという議論が提示されている。

  メキシコ警察と検察は9日、夫婦3組と3カ月の観光ビザで入国した韓国人など33人を、外国有名ブランドの商標盗用などの疑いで拘束収監した。これに先立ちメキシコ警察は、先週末メキシコシティのソナロッサ地域の韓国人商店街、事務室を立ち入り捜査し、人造宝石、玩具類、衣類など180トンを押収した。

  警察関係者は「数カ月間、内密調査してきた。拘束者の他に、さらに韓国人容疑者約40人についても捜査している」と明らかにし、拘束者の数はさらに増えるものと見られる。

  海外同胞が大量に拘束されたのは異例のことで、特に今回拘束された外国人は、台湾人3人を除くとすべて韓国人で、現地の韓国人社会では「韓国人を標的にした捜査だ」という批判が出ている。

  また、現地の韓国人らは「一部のメキシコメディアは、今回の取り締まりに合わせ、『韓国人が武器、麻薬密売と売春にも介入している』と報道するなど、イメージをおとしめている」と主張した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事