韓国の歴史教科書、日本に輸出

韓国の歴史教科書、日本に輸出

2002年11月14日17時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「韓国史の教科書」が日本に輸出される。今年上半期に出版界でも話題となった『生きている韓国史教科書』(全2冊、ヒューマニスト発刊)の日本語翻訳版が来年3月、日本で発売となる。 

  同書は、「全国歴史教師の会」(会長、金六訓)が編集したもので、ユニークな体裁と叙述を特徴とし、現職の教師が主体となって教育経験と研究成果を盛り込んだ初の代案教科書として、内外で話題を集めていた。

  韓日歴史教師交流の会(幹事、チェ・ジョンスン、三橋広夫)が今年8月、同書の翻訳出刊を決めて日本の出版社を探した結果、韓国のヒューマニスト社と明石書店が今月15日、翻訳出版の契約を結ぶ運びとなった。

  ヒューマニストのキム・ハクウォン代表は「日本の数カ所の出版社から版権について問い合わせがあったが、両国の歴史教師交流への支援、編集完成度の維持という要素を考慮し、明石書店に決めた」とし「今後、中国を含む、東アジア地域への輸出も進めることにしている」と述べた。 

  キム代表は、日本語版の発刊を機に、日本で、歴史教師のシンポジウムなど、文化交流のための行事を準備していると付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事