いい加減な親子鑑定で家庭破たん

いい加減な親子鑑定で家庭破たん

2002年10月17日20時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「何故、妻と子供を信じることができなかったのか、自分自身を恨みます」--。

  私設親子鑑定業者の間違った検査結果により、家庭破たんにまで至った安(アン、44)某氏は17日、検査業者を相手に起こした損害賠償請求訴訟で、ソウル地方裁判所東部支部民事3部から「検査業者は安氏に1500余万ウォンを支給しろ」という一部勝訴の判決を受けても、まだ自分の愚かさを拭いきれないでいる。

  安氏が遺伝子検査業者のI社を訪れたのは2000年3月。周りの人々からよく「2人の子供がみな安氏と似ていない」と言われていた彼は、雑誌広告を見てこの会社を訪問した。

  子供と妻には「健康検診だ」と偽り、髪の毛と指紋を採取してI社に提出した。

  半月後、安氏は青天のへきれきのような結果を聞いた。I社の関係者が「子供と妻の間には、親子の関係が成立するが、父はほかの人だ」という検査結果を報告したのだ。妻の浮気しか説明のつかない結果だった。

  この日以後、安氏はほぼ毎日妻とけんかし、暴行まで加えた。これ以上我慢できない妻は結局、昨年春に家を出た。

  昨年8月、離婚書類を準備していた安氏は、離婚前に確実に検査しておきたいと、子供とともに高麗(コリョ)大学法医学教室を訪問し、再び検査を行った。 

  しかし結果は正反対だった。安氏は「子供2人とも親子関係であることは99%以上確実だ」という報告を受けたのだ。安氏は直ちにI社に検査結果の信頼度をめぐって問いただすと、I社は数カ月後に自社の間違いであることを認めた。 

  安氏は「妻に謝罪し、以前の生活に戻りたいが、不信感による溝は深まってしまった」とし、ただうな垂れるだけだった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事