「風俗求人」サイトが登場

「風俗求人」サイトが登場

2002年10月03日21時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  裏で行われてきた風俗業の求人が公開で行われるインターネットサイトが登場し、同好会形式の「風俗業あっせんカフェ」まで運営されていることが明らかになった。

  特に、同サイトなどは未成年者も自由にアクセスが可能で、青少年の脱線を誘惑する場となっており、対策の準備が急務だ。

  風俗業専門ポータルサイトの名を掲げるある「風俗求人・求職サイト」には、サービスを開始して1カ月も経たないうちに、従業員を募集する高級クラブやキャバクラといった風俗営業所の紹介が100件以上掲載され、またアクセス数もそれぞれ300~400件以上で、多くの人が同サイトを利用していることが分かる。

  しかも、ソウル明洞(ミョンドン)にある某高級クラブは「顧客の90%以上が性交渉を望んでいる。それができない女性は困難だ」とし「ホテルと提携し、客のほとんどがホテルに行く」という文書を掲載し、売春行為が可能な女性を公開募集している。

  ソウル警察庁のサイバー犯罪捜査隊は「売春あっ旋など、具体的な行為が捕捉できない場合は、インターネットサイトを取り締まる根拠がなく、電気通信事業法も最近、憲法裁判所で違憲とされたため、積極的な取り締まりが一層難しくなった」と話す。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事