総理任命案、28日に採決…ハンナラ党は否定的

総理任命案、28日に採決…ハンナラ党は否定的

2002年08月27日20時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国会の人事聴聞特別委員会(特委)は27日、張大煥(チャン・デファン)総理代理に対する2日目の人事聴聞会を開いた。

  この日の聴聞会では▽張総理代理の不動産投機▽毎日経済新聞社(毎経)社長だった頃の役員貸与金による株式購入の経緯▽贈与税など各種税金の申告漏れ疑惑▽毎経への税務調査の結果と国政遂行能力--などを検証した。

  特委は同日、毎経関係者やウリ銀行関係者などの証人20人と参考者を出席させ、聴聞会の過程で提起された各種の疑惑や実定法違反の是非などを追及した。

  国会は、聴聞会の結果を基に、28日午後本会議を開き、張総理代理に対する任命同意案の採決を行う予定だ。

  だが国会で議席の過半数を占める野党ハンナラ党が、張総理代理に否定的な反応を示していることから、承認の是非は不透明だ。ハンナラ党の徐清源(ソ・チョンウォン)代表は「聴聞会で、数回にわたる実定法の違反など多くの問題点が露呈した」と話した。

  与党新千年民主党(民主党)は無難だと評価しており、28日午前、議員総会を経た後、党論による投票を通じて任命同意案に賛成するものと見られる。

  ▲関連漫評
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事