<サッカー>元所属の釜山「安貞桓のペルージャ行きはない」

<サッカー>元所属の釜山「安貞桓のペルージャ行きはない」

2002年07月14日18時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  セリエAのペルージャと移籍問題で対立している安貞桓(アン・ジョンファン)に対して、元所属の釜山(プサン)アイコンスが14日、「ペルージャ移籍不可」方針を改めて強調した。

  13日付(現地時間)のイタリアスポーツ紙が「釜山に移籍金160万ドルを送金し、2005年6月まで安貞桓の所有権を持つことになった」というペルージャの主張を掲載したことに対し、釜山側は「ペルージャが最初に契約を違反したため、安貞桓の所有権は我々にある」と一蹴した。

  釜山球団の関係者は「イタリアから送金すれば、韓国到着まで2、3日かかるため、移籍金はまだ受け取っていない。しかし送金に関係なく、ペルージャとの契約は終わった」とし、「契約書上ペルージャは、6月30日までに移籍金を釜山側に送金しなければならなかった」と強調した。

  釜山球団はこれを受け、来週にも国際サッカー連盟(FIFA)に書簡を送り、安貞桓がペルージャ所属でないという確認を受けた後、ペルージャとの関係を確実に整理する計画だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事