W杯通じて韓国食品を広めよう

W杯通じて韓国食品を広めよう

2002年04月02日14時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「ワールドカップ(W杯)を通じて韓国の食品を世界へ」。

  世界の祝祭であるW杯を機に、韓国伝統食品を世界的な食品として浮上させるためのさまざまな行事とイベントが準備されている。

  2日、農林部によると、来月22日から6月30日まで景福宮(キョンボックン)内の国立民俗博物館で、農林部と文化観光部(文化部)が共同で主催する「韓国伝統食品と伝統文化の出会い展」が開かれる。

  同行事には26坪規模の「韓国伝統食品広報館」と45坪の「韓国伝統食品試演・販売場」が設置され、伝統食品選抜大会で入賞した25品と高麗人参、キムチ、もち、海苔など韓国を代表する食品が紹介される。

  韓国キムチを世界に広く知らせるためのコーナーもあちこちに設置される。

  まず仁川国際空港3階の出入局に「キムチ広報館」を設置し、外国人観光客にキムチ料理の冊子を配布する計画だ。

  これとともにW杯競技場がある10都市に伝統食品広報場をオープンする。

  ソウルの場合、5月30日から6月16日まで汝矣島(ヨイド)公園文化広場で開かれる「Seoulプラザ(仮称)」行事に「韓国伝統食品ベスト5選抜大会」入賞商品の広報展示場が設置される予定だ。

  このほか、W杯期間中に韓国伝統食品世界化推進戦略をテーマにした国際セミナーを開催する法案も推進されている。

  農林部の関係者は「1世紀に1度あるかどうかという今回のチャンスを通じて、韓国食品を世界の人々に深く認識させる行事をいろいろと考案している」とし、「韓国を象徴でき、外国人の嗜好に合った輸出食品も開発している」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事