東方神起ユノ・ユンホ「過去、毒劇物テロでパニック障害…現在は克服」

東方神起ユノ・ユンホ「過去、毒劇物テロでパニック障害…現在は克服」

2019年01月24日11時52分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
東方神起のユノ・ユンホ
  東方神起のユノ・ユンホが過去の毒劇物テロ事件に言及した。

  23日午後に放送されたMBC(文化放送)のトーク番組『ラジオスター』では「情熱と熾烈の間」特集で東方神起のユノ・ユンホ、歌手ファン・チヨル、パク・ジホン、お笑いタレントのキム・ウォンヒョがゲストとして出演した。

  この日、ユンホは「2006年にドリンクテロ事件に遭ってからパニック障害になった。しばらくオレンジジュースが飲めなかった」と当時を回想した。

  これに先立ち、ユンホは2006年にスタッフを装った20代の女性から渡されたドリンクを飲んだ後、嘔吐をして倒れて病院に運ばれたことがある。当時の調査結果で、該当のドリンクの中からボンド成分が検出されて当時多くの人々を衝撃に陥れていた。

  ユンホは「ある日、自分自身にとても腹が立った。心の病気が問題だと考えてこれを克服するために同じオレンジジュースを10本用意した。蓋を開けるときに手が震えた。それでも我慢して飲んだ」と話した。

  続いて「飲んでみると徐々にパニックは治ってきた。今は全く問題ない。今は蓋を開けて一気飲みもできる」とトラウマを克服した理由を打ち明けた。

  また、この日ユンホは舞台で集中力を高めるために空腹を維持して一日2食ほど食べ、睡眠は4時間半ほど取ると明らかにして出演者を驚かせた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事