インドネシア放送委「BLACKPINKの広告は中止せよ…露出が激しい」

インドネシア放送委「BLACKPINKの広告は中止せよ…露出が激しい」

2018年12月14日07時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
BLACKPINK(写真=YGエンターテインメント)
  「韓国ガールズグループBLACKPINK(ブラックピンク)が出演する広告を中止せよ。服をほぼ着ずに踊っている」

  インドネシア放送委員会がK-POPガールズグループBLACKPINKが出演しているある現地広告を流さないように指示した。BLACKPINKが着た衣装と振付けがあまりにも扇情的という理由からだ。

  12日(現地時間)、シンガポールのストレイツタイムスによると、インドネシア放送委は最近11現地地域テレビ局にBLACKPINKが出演する電子商取引プラットホーム「Shopee」の広告を中止することを求めた。

  放送委は該当広告が「品位規範」に関連した放送規定を破ったと判断した。「多くの女性が服をほぼ着ずに歌を歌って踊る」として「(インドネシア)大衆が守る品位と道徳規範に従っていない」という説明だ。

  放送委は今回の警告にもかかわらず、関連広告を流し続ければ処罰するという立場だ。

  放送委の決定はある視聴者が「BLACKPINKが着た衣装の露出が激しい」とオンライン上で投稿したことに応えたものだ。

  これに先立ち、自身を父兄だと明らかにしたこの視聴者は「刺激的な振り付けと表現が出る広告が子供番組の放映時間に出てくる」として「放送委はShopeeの広告と他の低俗な広告を中止せよ」と要求した。この意見は12日までネットユーザー11万2000人の支持を得るほど関心を集めた。

  BLACKPINKは該当広告でShopeeを広報しながらヒット曲『DDU-DU DDU-DU』を歌った。この広告は13日を基準にユーチューブで2900万回以上のヒット数を記録している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事