TWICE、K-POPガールズグループで初めて2年連続『紅白歌合戦』に出演

TWICE、K-POPガールズグループで初めて2年連続『紅白歌合戦』に出演

2018年11月14日14時43分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
TWICE
  ガールズグループTWICE(トゥワイス)がK-POPガールズグループで初めてNHK番組『紅白歌合戦』に2年連続で出演する。

  NHKは14日午後、『紅白歌合戦』のホームページを通じて今年で69回目を迎えるこの番組の出場歌手を告知した。これによると、TWICEは昨年に続き、今年もK-POP歌手のうち唯一出演リストに入った。また、2年連続出演は日本に進出したK-POPガールズグループの中で初めてで注目を集める。

  TWICEは昨年『紅白歌合戦』の舞台に最初に立った。2011年東方神起、少女時代、KARA以降6年ぶりに、日本に進出したK-POP歌手の中でデビュー年度に初めて『紅白歌合戦』に出演して話題を集めた。当時、TWICEは紅組の一員として17番目に舞台に出演、『TT』の日本語バージョンではつらつとした魅力を披露し、現地ファンから歓呼を得たことがある。

  『紅白歌合戦』は毎年12月31日、日本最大の公営放送NHKで放映して今年で69回目を迎える。悠久な歴史から分かるように、日本を代表する年末特集番組で歴代最高の視聴率81%、平均視聴率が40%を上回るほど人気を誇る。日本国民は年末に家族が集まってこの番組を視聴しながら新年を待つほど。一年間を代表する歌手が紅組と白組に分かれて公演を披露し、対抗戦を行う方式で日本を代表する歌手が総出動する。

  TWICEは昨年に続き、今年も日本でヒット行進を続けており「アジアのトップガールズグループ」の地位を高めた。2月に2’ndシングル『Candy Pop』で日本レコード協会から昨年デビューベストアルバムと1’stシングルに続いて3連続プラチナ認定、5月に3’ndシングル『Wake Me Up』で海外女性アーティストのシングルの中で初めてダブル・プラチナ認定を取得した。また、9月に公開した日本1’stアルバム『BDZ』でオリコンデイリーアルバムランキング7連続1位、週間および日本進出後初めてオリコン月間アルバムランキングでトップとなり、やはりプラチナ認定を得た。日本4都市で8回公演の初めてのアリーナツアー「TWICE 1st ARENA TOUR 2018 “BDZ”」を成功裏に終え、来年東京ドームで2日間、名古屋ドームと大阪京セラドームでそれぞれ一日ずつ、K-POPガールズグループ史上初めてドームツアーを行う。 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事