<アジア大会>「KOREA」として南北合同入場…韓国、総合2位を目標

<アジア大会>「KOREA」として南北合同入場…韓国、総合2位を目標

2018年08月19日09時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  45億人のアジア人の祭典、第18回アジア競技大会がインドネシアのジャカルタで開幕した。ジャカルタと同国第2の都市パレンバンで開催される今大会ではアジアの1万3000人の選手が40競技465種目で金メダルを争い9月2日まで熱い競争を行う。

  この日の開幕式は、ヘルメットをかぶり二輪車に乗ったコミカルな映像の主人公ジョコ大統領の登場とともに始まった。4000人のダンサーがインドネシアの美しい自然を象徴する特殊舞台で楽しい音楽と踊りで45カ国1万1000人の選手団を歓迎した。

  南北の選手団は「KOREA」という名前で合同入場した。韓半島(朝鮮半島)を描いた統一旗とともに入場した南北の旗手は、韓国女子バスケットボールのイム・ヨンヒ選手(38)と北朝鮮男子サッカー代表チームのチュ・ギョンチョル選手(21)が務めた。これまでの慣例に基づき今回の合同旗手は「南女北男」の順となったためこのように選ばれた。南北の国際総合大会での合同入場は2000年のシドニー五輪以降11回目だ。

  南北選手団が合同入場すると中央席に座っていた韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相と北朝鮮の李竜男(イ・ヨンナム)副首相は両手をつないで一緒に起立し選手団を歓迎した。

  韓国の目標は金メダル65個以上で、1998年のバンコク大会から守ってきた総合2位の座に6回連続で上がることだ。総合1位は中国が既定事実である中、韓国は日本と2位争いを行う。

  韓国は今大会でカードゲームであるブリッジを除いた39競技に選手1044人を派遣した。韓国選手団は選手村入村を終えて大会準備の真っ最中だ。

  アジア大会では初めて南北合同チームも出場する。バスケットボール女子とカヌー(男女ドラゴンボート)、ボート(男子エイト、男子舵手なしフォア、女子軽量級ダブルスカル)で合同チームが組まれた。

  今大会初のメダルは19日に出る。韓国も19日にフェンシング(女子サーブル、男子エペ)、射撃(男女エアーピストル、エアーライフル)、テコンドー(プムセ)、レスリング(男子自由型)などで最初の金メダルに挑戦する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事