40.5度、北朝鮮も火の釜…労働新聞「高温との戦いだ」

40.5度、北朝鮮も火の釜…労働新聞「高温との戦いだ」

2018年08月03日08時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮も猛暑の新記録を連日更新中だ。労働党機関紙「労働新聞」は2日、一部地域の気温が40度を超えたと伝えた。北朝鮮でも北部地域の慈江道満浦市(チャガンド・マンポシ)の水銀柱が40.5度を示したことが代表的だ。平壌(ピョンヤン)も火の窯だ。官営朝鮮中央テレビは1日、平壌の気温が37.8度だと伝えて「気象観測の下、当日歴代最高気温を記録した」と明らかにした。同日、開城(ケソン)は37.9度、黄海道海州(ファンヘド・ヘジュ)も37.8度まで上がった。

  労働新聞はこの日、「東海(トンへ、日本名・日本海)岸地域では7月15日から、7月下旬からはほぼ全域で最高気温が35度以上に高まり、その程度と持続期日で我が国気象観測以来、最も激しい高温現象が持続している」という内容の専門家寄稿も掲載した。

  北朝鮮当局も猛暑対策で緊急事態に陥った。干ばつの心配まで重なった。労働新聞が2日付1面に「全国が奮起して高温と干ばつの被害を防ぐための戦いを力強く行おう」という題名の社説を掲載した背景だ。社説は「今回の高温現象は例年には見られない最大の自然災害」と伝えた。9月9日政権樹立70周年を迎える金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長としては悩みが深くなる部分だ。金委員長が今年の新年の挨拶で、政権樹立70周年を平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)と共に「民族の大慶事」と表現していたため、北朝鮮当局としては住民が体感できる民生経済成果が待たれるタイミングだからだ。

  北朝鮮当局はこれについて、住民に対して労働新聞を通じて「高温・干ばつとの戦いに明日というのものはない」「すべての力を総動員しなければならない」として「戦闘態勢」を注文した。同紙はこれとあわせて、全国各地の水管理および揚水設備の点検補修、病害虫の被害対策などの模範事例も4面全面を割愛して詳細に伝えた。

  北側の猛暑と干ばつは当分続くものと北朝鮮当局は予想している。労働新聞はこの日「今後も数日間、全般的地域で高温現象が続くことが予想されるとしている」と報じた。韓国統一部関係者も、この日記者団と会い「猛暑で厳しいのは韓国も北朝鮮も同じ」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事