【社説】史上最悪の猛暑…安全管理に万全を=韓国

【社説】史上最悪の猛暑…安全管理に万全を=韓国

2018年07月31日11時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国でも猛暑が最悪の状況となっている。最高気温33度以上を記録した7月の真夏日の日数は14日を越えた。1994年の猛暑に続き歴代2位だ。問題は8月に入って暑さがさらに猛威を振るいながら猛暑の記録を塗り替える可能性が高いという点だ。気象庁の8月の見通しによると、ソウルの場合、9日まで連日35度を超える猛暑警報水準の天候が続く。94年8月で35度を超えたのは4日間だけだった。史上最悪の猛暑に伴う被害の拡大が心配されている。

  今回の猛暑による熱中症疾患者がすでに2000人を超え、死亡者も歴代最大の27人を記録した。猛暑が原因とみられる事故も相次いでいる。一昨日、京畿道城南(キョンギド・ソンナム)では暑さで道路が沈下したことで水道の配管が破裂し、橋脚に亀裂が入る事故が発生した。レールの継ぎ目が広がってKTXの出発が遅れたり、古物商に積まれた廃棄物から自然発火が疑われる火災も起きたりした。

  政府と地方自治体は長期化する今回の猛暑を災害状況と見なして格別の対処をするべきだ。何より熱中症疾患の被害が集中している一人暮しの高齢者や安宿住民など脆弱階層の保護が急務だ。ソウル市が昨日、脆弱階層の保護のための避暑センターの運営時間を延長し、災害管理基金を猛暑対処に使うことに決めたことは望ましい措置だ。猛暑事故が懸念される施設に対する予防安全点検にも穴があってはならない。建設現場の労働者や軍人が猛暑による事故にさらされないように管理・監督を強化する必要もある。

  猛暑がさらに深刻化することに備えた根本的な対策も急がなければならない。まず、猛暑の被害を少なくするための正確な猛暑予測システムと制度の準備が緊要だ。猛暑を「災難および安全管理基本法」上の災害と規定して対応マニュアルを作り、被害救済方案を整える法改正をこれ以上遅らせてはならない理由だ。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事