ヨン様から防弾少年団へ…「新韓流」で訪韓日本人観光客増加

ヨン様から防弾少年団へ…「新韓流」で訪韓日本人観光客増加

2018年07月23日13時58分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優ペ・ヨンジュン(左)、防弾少年団(右)
  日本で起きている「新韓流」が韓国を訪問する日本人観光客の増加につながったいう分析が出てきた。

  韓国観光公社によると、今年上半期に韓国を訪問した外国人数は722万人と、前年同期比6.9%増えた。訪韓市場別にみると、全体の増加を牽引した日本からは上半期に131万人(前年同期比18.0%増)が訪韓した。

  訪韓日本人観光客の増加には防弾少年団をはじめとする日本国内の「新韓流ブーム」が影響を及ぼしたと分析されている。日本人が韓国観光を選択する考慮要因のうち「K-POP・韓流スターなど」は17.7%と、他国と比べて最も高かった。

  防弾少年団は6月25日にオリコンが発表した「2018年オリコン上半期決算ランキング」で、日本3rdアルバム「FACE YOURSELF」がアルバムランキング4位になった。また、防弾少年団は「アーティストセールスランキング」で6位に入った。これは今年上半期のアルバムとセールスランキングで韓国歌手では唯一トップ10に入り、海外アーティストのうち最も順位が高い。

  ドラマ『冬のソナタ』で日本でヨン様ブームが形成され、ドラマのロケ地の南怡島(ナミソム)を多くの日本人が訪問したように、防弾少年団と関係がある場所に多くの日本人が訪れている。防弾少年団がよく利用する飲食店、新年会を開いたワインバー、出身学校、ミュージックビデオの撮影場所などだ。

  ある飲食店の関係者は「防弾少年団がビルボードアルバムチャート1位になった後、訪ねてくる外国ファンがかなり増えた」とし「メンバーが座っていた席に座り、食事中に防弾少年団の曲が流れると一緒に歌ったりもする」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事