【社説】韓国海兵隊ヘリコプター事故…徹底調査で再発防止を

【社説】韓国海兵隊ヘリコプター事故…徹底調査で再発防止を

2018年07月19日10時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国海兵隊が運用しているマリンオン上陸機動ヘリコプターが一昨日墜落して海兵将兵5人が亡くなる残念な事故が発生した。事故機は海兵隊が今年1月に初めて導入した国産機動ヘリコプターで、この日浦項(ポハン)基地で整備を終えて試験飛行を実施している途中で10メートル上空から墜落した。このヘリコプターは韓国航空宇宙産業(KAI)が陸軍のスリオンヘリコプターを海兵隊上陸作戦に合わせて改造したもので、昨年末に防衛事業庁に納品された新型だ。海兵隊が調査委員会を構成して事故原因を調査中だが、まだ全容は明らかになっていない。

  海兵隊とKAIによると、事故機はローターブレード(翼)の1枚が分離して飛ばされたことによって回転力が一カ所に集中して駆動軸まで折れたという。このためブレードにつながっているスリーブという装置に問題があったのではないかとの推測も出ている。事故現場に残されていたスリーブには、強い衝撃を受けて陥没していた跡があるという。しかし、飛行直前の整備でこのような異常を発見できなかったことは理解できない。あるいはヘリコプターそのものにあった欠陥が突然現れて、部品と部品が衝突することによって事故が発生した可能性もある。どちらにしても、このような事故が再発することがないように原因を徹底的に究明しなければならない。

  昨日公開された事故の映像を見ると、マリンオンは浮上すると同時にプロペラが根本から外れて飛んでいった。整備不良や構造的な欠陥はもちろん、防衛産業不正の可能性も調査しなければならない。現政権も航空産業とは何の縁故もない人物をKAI社長に任命し、防衛産業業者の専門性を落としていなかったどうか振り返る必要がある。だが、海兵隊改編から45年を経て上陸機動ヘリコプターを確保し、翼をつけた海兵隊の戦闘力が弱まることがあってはいけない。軍事作戦において戦略的な手段である海兵隊の上陸は最小の犠牲で速かに行われなければならないため上陸機動ヘリコプターの役割は非常に重要だ。今回の事故を正確かつ迅速に収拾する一方で、海兵隊戦闘力強化をおろそかにするようなことがないよう望む。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事