「時間・速度制限のない」非核化日程の前で道を見失ったトランプ大統領

「時間・速度制限のない」非核化日程の前で道を見失ったトランプ大統領

2018年07月19日09時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ボブ・メネンデス米上院外交委民主党幹事
  北朝鮮の非核化日程に関連してトランプ米大統領が連日、後退する発言をしている。トランプ大統領は17日(現地時間)、「北朝鮮の非核化に時間・速度制限はない」と公言した。米朝接触の前提と見なされていた早期非核化を入れた日程でこれ以上は北朝鮮に圧力を加えないということだ。韓国戦争(朝鮮戦争)米兵遺骨送還にこだわって非核化日程を後回しにしたという懸念が太平洋を挟んで韓米両国で出ている。

  トランプ大統領はこの日、ホワイトハウスでプーチン露大統領との会談の結果を説明し、「北朝鮮と議論が進行中で、非常にうまくいっている」とし「我々は急ぐ必要がない」と述べた。続いて「制裁は維持されていて、人質は送還され、9カ月間にわたりロケット発射もなかった」とし「北朝鮮との関係は非常に良いので、どのように進んでいくか見守る」と話した。トランプ大統領は「我々は時間の制限、速度の制限がない」とし「我々はただ過程を進んでいるだけ」という表現も使った。トランプ大統領は18日午前にもツイッターに「急ぐことはない」と強調した。その一方で逆風を意識したかのように「(北朝鮮に対する)制裁は続いている」と付け加えた。「北朝鮮には大きな未来があるはず」という言葉とともにだ。16日のFOXニュースのインタビューで非核化交渉について「我々には時間があり急がなくてもよい」と述べたが、今回は「非核化は時間制限がない過程」と定義し、さらに後退した発言だ。

  当初、ホワイトハウスはこのような態度ではなかった。強硬派のボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は今月1日、北核、弾道ミサイル、生物・化学兵器プログラムについて「1年以内の廃棄を考案した」と断言した。ポンペオ国務長官が直ちに否認したが、これは北朝鮮への圧力の程度を調節するレベルだったし、ホワイトハウスの内心は非核化速度戦だという見方が多かった。しかしトランプ大統領が相次いで非核化日程を認めない発言をし、非核化は米朝交渉が長く続く塹壕戦になる可能性が高まっている。

  ホワイトハウスが立場の変化を見せたことについては、北朝鮮の核放棄がそれだけ難しいという現実を把握したか、11月の中間選挙を控えて国内政治を意識しながら業績を管理する必要性を感じたという観測が提起されている。一部では、米兵戦死者遺骨送還を控えて北朝鮮を意識するような発言をしているのではという話もある。いかなる理由であれ、最大限の圧力を通じた非核化戦略を固守してきた米国が今回は逆に「時間制限がない非核化」に言及しながら、北朝鮮のサラミ戦術に引き込まれているという懸念が出ている。

  英ガーディアン紙は「(米国が)シンガポール米朝首脳会談の具体的な約束である米兵55人の遺骨を来週受ける代わりに非核化のデッドラインはないと譲歩し、早期非核化圧力を緩和した」と解釈した。米中央情報局(CIA)分析官出身のスー・ミ・テリー米戦略国際問題研究所(CSIS)研究員も「遺骨送還は見せかけの譲歩」とし「実際の非核化については北朝鮮は非常に薄く切るサラミ戦術を通じて最小限の譲歩だけをし、時間を稼いで数年間続ける可能性がある」と述べた。また「トランプ大統領はすでに金正恩(キム・ジョンウン)委員長と首脳会談もし、中国は国境で制裁を緩和する状況であり、昨年のような最大限の圧力に戻るのは容易でない状況」と指摘した。

  峨山政策研究院の全星勲(チョン・ソンフン)客員研究委員は「最初からつまずいた。北が話す非核化と米国が話す非核化は違うが、接点を見いだせないまま結局、米朝の立場が平行線をたどっている」とし「米国政府が少なくとも中間選挙までこうした雰囲気を維持しようとして本末転倒し、北も遺骨送還やミサイルエンジン試験場の廃棄など枝葉的な贈り物をして呼応しようとしている」と述べた。

  トランプ大統領の非核化交渉には米国議会からも不満が出始めている。ポンペオ長官は6-7日の3回目の訪朝後、対北朝鮮制裁はそのまま維持するが、その代わり非核化と体制保証・関係改善を同時に進める一種の妥協案を提示した。しかしボブ・メネンデス米上院外交委民主党幹事は「北朝鮮の脅威が続く状況でどうすれば戦争が終わったといえるのか」とし「主権国家の韓国は自らの決定権限を持つが、誰かが銃口を自分に向けているとすればそれは平和を築ける方法ではない」と強調した。非核化に相応する体制保証の贈り物である終戦宣言を一蹴したのだ。共和党のテッド・クルーズ上院議員は終戦宣言後の段階である在韓米軍の地位の変更をついて「在韓米軍ノータッチ」を宣言した。クルーズ議員は「北朝鮮の核兵器を除去するため金正恩委員長への圧力にいかなる手段でも使うと同時に、韓半島の平和と安保のために相当な在韓米軍の駐留が必要だ」と述べた。

  トランプ大統領が非核化日程はないという発言をする中、米軍当局は北朝鮮を刺激しない「ローキー」の動きを続けている。在韓米空軍が9月22、23日に予定していた「烏山(オサン)エアパワーデー(Air Power Day)」を中止したことが18日、確認された。烏山米空軍基地で開かれるエアパワーデーはステルス戦闘機、爆撃機など対北朝鮮「斬首戦力」まで展示するエアショーを兼ねた部隊開放行事。政府筋は「米空軍は5月にこの行事の中止を確定した」とし「予算節減のために今年は行事を主催しないと説明した」と伝えた。米空軍は2012年の行事でステルス戦闘機F-22ラプターを展示し、2016年にはB-1B爆撃機を公開した。B-1Bは同年9月21日、北朝鮮の5回目の核実験後に武力示威レベルで韓半島に展開した。別の政府筋は「2016年のエアパワーデーではB-1Bの爆弾倉を開いた姿を公開して『ここに大量の爆弾を搭載できる』というメッセージを北に送った」とし「ところが今年は予定されていた行事自体がなくなった」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事