「韓国国民が中国を非常に偏狭な大国と見なし始めた」

「韓国国民が中国を非常に偏狭な大国と見なし始めた」

2018年07月16日11時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
14日に北京精華大が主催した第7回世界平和フォーラム韓中関係セッションに出席した韓国・中国の専門家。左側から朴仁国(パク・イングク)韓国高等教育財団事務総長、金聖翰(キム・ソンハン)高麗大国際大学院長、劉建飛・中央党校国際戦略研究所副所長、鄭在浩(チョン・ジェホ)ソウル大政治外交学部教授、李彬・精華大国際関係学院教授。
  「韓国の国民が中国を非常に偏狭な大国と見なし始めた。このような認識の変化は長く続くだろう」。

  高高度防衛ミサイル(THAAD)韓国配備をめぐる韓中葛藤の最大の害悪は中国に対する韓国人の認識悪化という指摘が出てきた。北京で清華大学が14日に主催した第7回世界平和フォーラム(WRF)のセッション「韓中関係と北東アジア安保協力」でだ。

  韓中両国の学界の専門家はこの日、6・12シンガポール米朝首脳会談以降の北朝鮮の非核化解決法、韓半島(朝鮮半島)平和体制の構築、韓中関係に関して幅広く建設的な意見を提示した。

  鄭在浩(チョン・ジェホ)ソウル大政治外交学部教授は「THAAD紛争で韓中両国はともに戦略的な失敗をした」とし「10・31合意で韓国は中国にTHAADがすべて永久解決するという希望を与えたが、THAADは依然として両国関係の障害であり、いつ消えるか分からない」と評価した。鄭教授は「中国は5年前に朴槿恵(パク・クネ)前大統領が就任すると、外交的ブルーオーシャンを見つけたと考えたが、2年半後に楽観はTHAADで崩れた」とし「朴前大統領と習近平主席の個人的な友情に過度に期待したことと、両国関係の躍動性を過度に政治化したのが誤り」と分析した。

  鄭教授が「中国を昨年12月に国賓訪問した文在寅(ムン・ジェイン)大統領への冷遇と今年3回訪中した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に対する歓待が韓国学界とメディアの大きなイシューだ。THAAD後の韓国に対する中国の経済報復を西欧でシャープパワー(Sharp power)と呼ぶなら、韓国人は(中国に対して)小さな大国(小気大国)と呼ぶ」と話すと、フロアの中国人出席者から笑いが起こった。

  政治に続いて経済関係まで悪化する韓中関係のニューノーマルにも言及された。鄭教授は「多くの人々が政冷経熱(政治的に冷たく経済的に熱い)を話すが、両国間の経済的補完性が多い分野では競争が激しくなっている」とし「韓国で『チャイナプラス』として中国市場を強調しながらも、代案市場としてASEAN・インド市場の開拓に取り組み、昨年初めてASEANとの貿易額が中国との貿易額を超過した」と述べた。

  中国側の出席者はトランプ政権の北核解決法は信頼できないとし、韓中間の別のロードマップ構築を提案した。核物理学を専攻した軍縮専門家の李彬・精華大国際関係学院教授は「ボルトン補佐官は北朝鮮の核プログラムを1年間で解体できるというが、現実性はない」とし「米国がスイッチを消すことはできるだろうが、北朝鮮は簡単にスイッチをまたつけるだろう」と指摘した。

  ポンペオ米国務長官の3回目の訪朝期間に北朝鮮が出した非核化ロードマップについて、李教授は「北朝鮮は大陸間弾道ミサイル(ICBM)生産の中断を非核化の最初の段階として米朝関係正常化と終戦宣言を望んでいる」とし「ICBM生産中断は米国の安全保障問題であり、韓国と中国の懸念事項ではない」と述べた。李教授は米国を信頼するのではなく韓中が自主的な非核化ロードマップを作るべきであり、「潜在的な核能力をまず廃棄し、従来の核弾頭とミサイルは最後に除去しなければいけない」と提案した。もし北朝鮮が保有する従来の核弾頭から廃棄するなら、北朝鮮が保有する核施設でまた作ることができるが、核能力からなくせば少なくとも保有する核の増加は防げるという論理だ。

  平和の構築について李教授は政治→安全保障→経済の順序で北朝鮮に見返りを与えるのが現実的だと主張した。「終戦宣言と米朝関係の正常化を含む政治的な見返り、軍事訓練の中断と軍事的脅威を除去する安全保障の順序で見返りを与えるものの、経済制裁の解除と経済協力を提供する経済補償は最後に行われるべき」というロードマップだ。

  貿易戦争など米中間の戦略的競争が北核解決に悪影響を及ぼすという懸念も提起された。劉建飛・中央党校国際戦略研究所副所長は「北核イシューと米中戦略競争は切り離せない」とし「米国が北朝鮮を抱き込んで中国に対抗させた後、北朝鮮の非核化をあきらめる可能性が懸念される。これは東アジアの他の国も同じ懸念を抱いている」と指摘した。

  金聖翰(キム・ソンハン)高麗大国際大学院長は「中国は北朝鮮を米中戦略競争のレンズで眺めるべきでない」とし「中国が北朝鮮を米国との戦略競争に連係させるほど、台湾・南シナ海問題と連係される可能性が高い」と話した。金院長は「北朝鮮の非核化は中国に北東アジア経済を統合できるリーダーシップを提供するはずであり、これは中国と関連国ともに利益」と語った。

  一方、この日の世界平和フォーラム開会式に出席した楊潔チ政治局委員は「中国は関係国とともに韓半島非核化の推進と韓半島の平和建設に努力を続け、一日も早く韓半島の持続的な平和実現のために貢献する」と主張した。次期中国外相候補の楽玉成外務次官は演説で「北朝鮮の合理的な安全保障懸念を解決し、韓半島の平和建設の方面で各国は積極的な措置を取るべき」とし、楊潔チ委員と同じく韓半島平和体制の急がれると強調した。楊潔チ委員は米中貿易戦争に関し「問題を政治化してはいけない」とし「中国は問題を起こすことも恐れることもせず、いかなる国も中国の利益に損害を与えることができるという幻想を抱くべきではない」と強い姿勢を見せた。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 14日に北京精華大が主催した第7回世界平和フォーラム韓中関係セッションに出席した韓国・中国の専門家。左側から朴仁国(パク・イングク)韓国高等教育財団事務総長、金聖翰(キム・ソンハン)高麗大国際大学院長、劉建飛・中央党校国際戦略研究所副所長、鄭在浩(チョン・ジェホ)ソウル大政治外交学部教授、李彬・精華大国際関係学院教授。
  • 14日に北京精華大が主催した第7回世界平和フォーラム韓中関係セッションでステープルトン・ロイ元駐中米国大使がフロアで中国側の専門家に質問している。
  • 14日に北京精華大が主催した第7回世界平和フォーラムの開会式で演説する楊潔チ政治局委員(写真=精華大)