【社説】韓国、気象異変を念頭に置いた災難対応システムを急ぐべき

【社説】韓国、気象異変を念頭に置いた災難対応システムを急ぐべき

2018年07月16日08時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  早くも韓半島(朝鮮半島)が猛暑に見舞われている。昼の最高気温は猛暑警報発令レベルの35度以上となり、熱帯夜で睡眠不足となる人が多い。熱中症で病院に搬送された人は先週145人と、1週間で3倍に増えた。気象庁は、韓国が北太平洋高気圧とチベット高原で加熱された高気圧の「熱ドーム」に閉じ込められ、今後長ければ1カ月間ほど記録的な猛暑が続くと予想した。

  問題はこうした猛暑が韓国だけの問題でなく世界的な現象という点だ。日本では最近、西南部地域が1000ミリ以上の集中豪雨に見舞われて216人の死者が発生したが、今度は38度を超える猛暑のため数千人が搬送され、6人が死亡した。米国・カナダや英国など北半球のあちこちでも猛暑が続き、カナダでは猛暑で約70人が死亡した。

  気象学者らは毎年地球上の各地で猛暑が頻発する原因に地球温暖化を挙げている。猛暑だけでなく深刻な干ばつや洪水などの災難は、温室効果ガスの排出が増えて生じた気候変動の証拠ということだ。さらに大きな問題はその頻度と程度がさらに深刻になるという点だ。世界気象機関(WMO)によると、地球気温観測史上、昨年までの最近5年間が最も熱い期間だった。今年の猛暑が今後も続けばこの記録は更新されるしかない。

  もはや気象異変が異変でない時代となっている。災難対応システムが優れている日本でも前例のない豪雨と猛暑に対応できない状況だ。さらに日本に続いて韓国も高齢化社会に入っている。政府は急いで対策を準備し、体が不自由で情報を迅速に得るの難しい高齢者の被害を防がなければいけない。気候変動の時代には異常な災害が日常的な災害になるという危機意識を抱いて非常な災難対応システムを構築する必要がある。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事