韓国、経常収支75カ月連続で黒字…理由は?

韓国、経常収支75カ月連続で黒字…理由は?

2018年07月05日11時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
半導体市場の好況で5月の輸出額は537億8000万ドルとなった。経常黒字は8カ月ぶりの最大水準。(中央フォト)
  経常黒字が8カ月ぶりの最大水準となった。半導体の好況による輸出額増加の影響だ。

  韓国銀行(韓銀)が5日に発表した「2008年5月の国際収支(暫定)」によると、5月の経常黒字は86億8000万ドルだった。2012年3月から75カ月連続の黒字だ。黒字額は昨年9月(122億9000万ドル)以来の最大規模となった。

  韓銀は「4月には季節的要因による配当支給が増えて経常黒字が減ったが、5月には商品収支の黒字が増え、黒字規模が拡大した」と説明した。

  5月の商品収支の黒字は113億9000万ドルと、昨年11月(114億6000万ドル)以来の最大水準。

  黒字規模の拡大は輸出増加の影響だ。5月の輸出は537億8000万ドルにのぼり、前年同月比で19カ月連続の増加となった。半導体市場の好況と世界貿易の回復が続いた影響だ。

  国際原油価格の上昇で輸入(423億9000万ドル)も前年同月比で19カ月連続の増加となった。

  サービス収支の赤字(20億9000万ドル)は前月(19億8000万ドル)より増えた。旅行収支の不振が続いたからだ。

  旅行収支は13億4000億ドルの赤字。中国や日本など外国人観光客の入国が増えたが、ゴールデンウィークを迎えて韓国人の海外旅行が増えた影響と分析された。

  資本の流出入を表す金融勘定の純資産(資産-負債)は68億6000万ドル増えた。

  韓国人の海外投資は62億9000万ドル増えた。これは2010年10月(66億6000万ドル)に次いで2番目に大きい。

  外国人の国内投資は30億1000万ドル増えた。地政学的リスクの緩和と良好な格付けで外国人の株式・債券投資が増加した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事